マカはエストロゲンを含むサプリです

マカはペルー原産の高山植物でペルーの高山地域に住む人たちに3000年以上にわたって利用されてきた栄養価の高い植物です。たんぱく質、ミネラル、ビタミンが豊富に含まれています。中でもホルモンの分泌を指示する視床下部や脳下垂体の働きを調整するアルギニン、グルコシノレートやステロールといった二次性代謝物や植物エストロゲンを含んでいます。女性ホルモンはエストロゲンとプロゲステロンという2つのホルモンからなりたっています。

エストロゲンは主に排卵をおこし、子宮、卵巣、膣、乳房の発育を促し、子宮内膜を増殖させ細菌から守り妊娠させやすくします。肌ツヤを向上させ女性としての魅力が上がるために美のホルモンといわれています。他にもコレステロールを調整したり骨代謝にも重要な役割を果たしています。

更年期になると女性ホルモンが減少して、イライラ、動悸、ほてりなどの症状があらわれたり、ホルモンバランスの崩れで妊娠しにくくなったりしますが、マカで女性ホルモンに似た働きを持つ成分を摂ることで症状が改善されます。マカを摂取するグループと摂取しないグループを1年後血液検査でマカ効果効能を調査したところ、更年期症状の緩和、コレステロール値の改善、性欲の増加など改善がみられました。

サプリには葉酸や高麗人参をプラスした製品などが販売されています。摂取量は1日1500mg、一日何回かに分け胃の負担を減らすために食後に服用することがすすめられています。